読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片付けられない人間が頑張って片付けようとしているブログですが

以前は「ミニマリストになりたい」というブログ名でした。なんかいいブログ名を考え中です。最近はハンドメイドの記事ばかりなような・・・

ものを捨てる前にちょっと省みた


f:id:kurozi96:20160321223252j:image

まずこれ。

私が着ると、完全にマタギさんに見えるという恐ろしいもっふもふベスト。

ハッピートイズに使えるのではないかととっておいたのですが、裏側も毛足が長くて、キレイに縫えているかわからないのでやめました。

捨てようと思ったのですが、ちょっと考えて、




f:id:kurozi96:20160321223844p:image

ジョキジョキ切っちゃいまして、




f:id:kurozi96:20160322081914j:image

半返しでザクザク縫っちゃいまして、



f:id:kurozi96:20160322081925j:image

返し口が小さ過ぎたことを後悔しながらひっくり返しまして、



f:id:kurozi96:20160322081935p:image

お絵かきアプリで遊びまして、





f:id:kurozi96:20160322081955j:image

返し口が小さ過ぎたことを後悔した返し口を閉じちゃいまして、




f:id:kurozi96:20160322082003j:image

完☆成


猫さんのフミフミ用お布団です。


うちの猫さんは本格的に寝るつもりでいる時だけフミフミするのですが、爪が立っているらしく、フミフミ用お布団がすぐにボロくなるんです。

しかも口にくわえてフミフミするスタイルなので、すぐよだれまみれになってしまいます。

洗い替えがもう一枚欲しかったので、リメイクできてよかったです。




お次はこちら。

f:id:kurozi96:20160322083750j:image

インド産のコットンシャツに付いていたボタン。

シャツ自体はもう着ないので捨てようと思ったのですが、ボタンがハッピートイズの目として使えるのではないかと思い直し、ボタンだけ取っておきました。


f:id:kurozi96:20160322083927j:image

そしてこちらも捨てようと思っていたお菓子の缶カラ。

ボタンのデザインだったので、ボタンなどハンドメイドの細々したものを保管するのに使おうと思い直しました。




あと逆に取っておいたのですが捨てようかなと悩み中のものもあります。

f:id:kurozi96:20160322220145j:image

柄が好きで取っておいたガーゼ並にうっっっすい布、ハッピートイズのサルさんにハチドリ?の部分を白い布と二重にして使ったのですが、

f:id:kurozi96:20160322090429j:image

これね。

なんかリアルな生物の絵柄の布って使わない方がいいような気がしてきたんです。



特に虫さん系。

f:id:kurozi96:20160322090038j:image

これな。

ジャポニカ学習帳ってご存知ですよね。

あれって昔は虫の写真が表紙だったんですけど、虫を怖がる子供が増えたって理由で植物の写真に変えられてしまったんですよ。

というわけで、リアルな虫さんはやめておこうかなと・・・

自分が生き物なんでも大好きガキンチョだったので、そういうところ鈍いんですよね。

あと単に、薄いしガーゼだし、引っかかりやすいのではと心配というのもあります。




さて、次年度のハッピートイズプロジェクトの情報が出ていました。

しなやかなネコちゃん 編みぐるみ参加キット(編み図付き)|フェリシモ



なんとネコです。

あみぐるみのピンク&水色がすごくかわいくて自分でほしかったのですが(おい大人)オレンジ&緑との2択で選べないので、編み図だけの注文にしました。

パッチワークタイプも、手芸店のスタンプカードの有効期限のために自分でちょっと買った布がありますし、ハッピートイズの話題を出したら、知り合いの方々から布を頂いたので、型紙だけの注文にしました。

注文してから一週間経ちますけど、いつ頃届くのでしょうか。

あ。そうそう。フェリシモメリーポイントというものが中途半端に溜まっていたので、こういうのに使いました。

KN-987-156    1,500mr
紛争地域のこどもたちへの医療活動支援


KN-907-914    1,500mr
元子ども兵の職業訓練ショップ開設・運営支援


KN-987-143    1,500mr
動物たちの保護と飼い主探し支援




捨てることも大事ですが、時には一歩、いや半歩でもいいから利き足を後ろに下げて、モノを省みることも大切だと思いました。