読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片付けられない人間が頑張って片付けようとしているブログですが

以前は「ミニマリストになりたい」というブログ名でした。なんかいいブログ名を考え中です。最近はハンドメイドの記事ばかりなような・・・

そもそも「断捨離」というものをわかっていなかった件

断捨離の記録

ふと断捨離についてググりました。

断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。提唱者であるやましたひでこによる造語である。断=入ってくる要らない物を断つ捨=家にずっとある要らない物を捨てる離=物への執着から離れる


まず、やましたひでこさんの造語であるということを知りませんでした。

そしてやましたひでこさんの公式サイトを見たところ、
断捨離というと新しい片づけ術かと思うかもしれませんが、そうではありません。断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、心もストレスから解放されてスッキリする。これが断捨離の目的です。
世間では「断捨離=捨てること」という認識が強いですが、それは違います。モノを捨てることの本当の意味を知らなければ、あまり効果はありません。

やましたひでこさんの公式サイトより引用



あっ・・・・

ものの見事に勘違いしていました。


「断捨離」よりも「ミニマリストへの憧れ」から入った「捨て」だったので、

ミニマリストさんや片付けや身辺整理についての本やブログは読んでいましたが、「断捨離」そのものについては全然勉強していなかったことに気がつきました。

めちゃ恥ずかしいです。



断=入ってくる要らない物を断つ

捨=家にずっとある要らない物を捨てる

離=物への執着から離れる


物への執着から離れる・・・・・・というのは私にとってはかなり難しいですね。

日用品や衣類はかなり絞りました。

キャラクターグッズ、オタクグッズもかなり厳選しましたが、また買ったり、ありがたいことですがいただくこともありますので・・・・・


まあ無理して捨てたり負担に想うなんて本末転倒のような気がしますね。



断捨離について勉強しようと思った聖なる夜でした。





今日も人様のブログやFacebookは見ませんw


みなさん、よいクリスマスを!