片付けられない人間が頑張って片付けようとしているブログですが

以前は「ミニマリストになりたい」というブログ名でした。なんかいいブログ名を考え中です。最近はハンドメイドの記事ばかりなような・・・

大豆粉のマフィンの試作とダイエット

いきさつ

いきなりですが、私のような白米とパン大好き糖質大好き大食い野郎の糖質制限は、精神的にかなりキツイです。

朝と外食では気にしない、昼と夜だけ控えるという、かなりのゆる糖質制限でも辛い。

今までのどんぶり飯の分を他の何かに置き換えようとしても、すぐに飽きるんです。


白米が食べたい。パンが食べたい。

マフィン食べたい。ケーキ食べたい。クッキー食べたい。


食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたい食べたいかゆうま




普段からストレスを食にぶつけていたこともあり、私の衝動的食欲はひどいありさまです。



しかし今はブログがあるので、「そうだ!ネタにしよう!」と思い、糖質の少なめなマフィンを作ることにしました。


大豆粉を使ったお菓子のレシピも検索してみたんですけど、砂糖やバターの量が多かったり、果ては化学甘味料を使用していたり・・・・いまいち自分の手作りの感覚とは合わなかったので見送り。


大豆粉が出回り始めた頃に大豆粉のみで作ったら、どうにも青臭さが気になって、余計に小麦粉と白砂糖のたっぷり入ったお菓子が食べたくなった経験を活かし、今回はアーモンドプードルを足して試作しました。


材料

材料はこんな感じです。

f:id:kurozi96:20151123195743p:image

大豆粉 70g
アーモンドプードル 30g
ベーキングパウダー 3g(たぶん)

バター 40g
てん菜糖 30g
卵 1個

豆乳 80cc(もう少し多くてもよかったかもしれない)



f:id:kurozi96:20151123195814p:image

ベーキングパウダーはとある方のブログの影響でアルミフリーにしてみました。

今回使用した紙の型は画像右上の「マフィンケーキカップS」
ダイソーの商品です。日本製、10枚入りです。
上記の材料で8個分でした。

ベーキングパウダーは水分と反応するので、かなり急いで撮った雑な写真で申し訳ないのですが、作り方もさらっと説明します。



というわけで作り方


オーブンは170度で予熱しています。


f:id:kurozi96:20151123200330p:image

まずは粉類を混ぜます。

大豆粉とアーモンドプードルとベーキングパウダーをフォークでよく混ぜます。
普通だったらふるいにかけるのでしょうが、メンドいのでしませんでした。
そのかわりダマを崩すようによく混ぜました。



f:id:kurozi96:20151123202140p:image

大きめのボウルにバターとてん菜糖を入れて、泡立て器で混ぜます。
普通はバターは室温に戻して柔らかくなったものを使うのですが、待っていられないのでレンジで20秒。


f:id:kurozi96:20151123202428p:image

卵を割り入れてさらに混ぜます。




f:id:kurozi96:20151123202521p:image

見事に分離しますが、気にしません。
またレンジで20秒チンして、とにかく混ぜます。


そしてここからは粉類と豆乳を少しずつ、交互に加えては混ぜていきます。

ベーキングパウダーが反応を始めるので、手早く作業をします。(今回は画像を撮っていてぐずぐずしていましたが、それなりに膨らみました。そんなに焦らなくても大丈夫なようです


小麦粉の場合はヘラを使って切るように混ぜるのですが、大豆粉の場合はぐるぐるとよく混ぜて、生地を馴染ませた方がよいような気がします。

画像ではしゃもじを使っていますが、そのまま泡立て器でよかったと思いました。
洗い物も少なくて済むし。


f:id:kurozi96:20151123202623p:image

まず粉類を少し入れて、全体によく馴染むまでぐるぐる混ぜます。



f:id:kurozi96:20151123203818p:image

次に豆乳を少し入れてぐるぐる混ぜます。



f:id:kurozi96:20151123203830p:image

また粉類。3分の1くらい入れてぐるぐる混ぜます。



f:id:kurozi96:20151123203937p:image

そしてまた豆乳も3分の1くらい加えてぐるぐるぐるぐる。

そしてまた粉類ry・・・繰り返し混ぜていきます。


f:id:kurozi96:20151123204130p:image

全部混ざりました。

重たい生地になったので、豆乳を多くするか、卵をもう1個足してもいいのではないかと思いましたが、このまま続行。


f:id:kurozi96:20151123204308p:image

スプーンを使って型の7〜8分目まで入れます
キレイに入れられませんでしたが、気にしない。

170度に予熱しておいたオーブンで、30分焼きます。





f:id:kurozi96:20151123204618p:image

焼けました。

竹串か爪楊枝で刺してみて、生地がついてこなければ出来上がり。




f:id:kurozi96:20151123204832p:image


f:id:kurozi96:20151123204842p:image

どう撮れば一番おいしそうに見えるのだろうか。



f:id:kurozi96:20151123205055p:image

断面。




感想と覚え書き


なかなかいける!

やはり大豆粉の青臭さが残るが、これから大豆粉のお菓子に慣れるか、きな粉味だと思えばいける。

焼く前は生地が重くて不安だったが、アーモンドプードルのおかげか食感は軽めになった。

てん菜糖は普通なら80gは使いたいところを30gまで減らしたのはかなりチャレンジだったが、全く問題なかった。
市販のお菓子にどれだけ白砂糖が入っているのかを想像したら怖くなった。

バターも40gでは少なすぎるだろうと思ったが、問題無かった。

家族にも好評で、今度はデカい型で作ってくれと言われた。



ダイエット中のお菓子作りのすすめ


私も頻繁にお菓子を作るわけではありませんが、ちょっとしたこだわりが3つあります。


1.バターの量と甘さは控えめにする

2.白砂糖や化学甘味料は絶対に使わない

3.米粉や大豆粉を使う


せっかく自分で作るのですから、そのへんにいくらでも売っているもののようにはしたくありません。

とくに最近は糖質制限もしたいですし、グルテンが肌荒れの原因になるという話も気になるので、米粉や大豆粉を使うようになりました。


自分で作ってみることで、一般的なお菓子にどのくらい白砂糖が入っていたかも学べます。恐ろしいです。

さらに健康のことを考えたお菓子を作れる俺スゲェ(ドヤァ)となれるので、ダイエットのモチベーションが維持できますし、衝動的な買い食いも減ります。


私のようにダイエット中で、甘いものが食べたくてしょうがない方は、お菓子を手作りしてみることをおすすめします。


ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。



みんなも作ってア・ラ・モード☆(これが言いたかっただけではない)