片付けられない人間が頑張って片付けようとしているブログですが

以前は「ミニマリストになりたい」というブログ名でした。なんかいいブログ名を考え中です。最近はハンドメイドの記事ばかりなような・・・

あの反重力装置付きのスケートボードほしいです。

2015/10/21

とうとうバック・トゥ・ザ・フューチャーで主人公達が飛んでった未来がやってきました。

スケートボード飛ばないッスね。





それはさておき、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの吹き替えについてほんのちょっと話します。

主人公マーティ・マクフライの吹き替えですが、

ソフト版だと山ちゃんこと山寺宏一

テレ朝版だと三ツ矢雄二なんです。


始めてこの映画を見た時は山寺宏一版でした。
山ちゃんの声のマーティは、いじめっ子に何をされても芯がしっかりしている子だという印象があるので、どんな困難なことがあっても機転を利かせて必ず乗り越えられるだろうという安心感、安定感がありました。




それを見てから数年後、たまたまテレ朝版を見てびっくりしました。





こんなにハラハラする映画だったっけ?



三ツ矢さんの声のマーティは情けなさが際立っていて、見ていてハラハラします。
一度見ているから話は分かっているのに、これを一体どうしたら切り抜けられるのかと不安になります。

その分、してやった時の爽快感は半端ないです。




声の印象ってすごく大事だなーって、つくづく思いました。




どちらの方が良いというわけではなくて、
どちらも素晴らしい吹き替えだと思います。

ハラハラしたくない方はソフト版(山ちゃん)、
ハラハラしたい方はブルーレイに収録されているテレ朝版(三ツ矢さん)をおすすめしますw


他にもBSジャパン版とフジテレビ版でまた違う吹き替えがあったそうですが、DVD化はしていないようで、残念ながら見たことがありません。


ちなみにソフト版だとドクが青野武さんだったので、今見ると涙が出ます。

テレ朝版だとオーティスとか先生とかが郷里大輔さんなので、今見ると涙がry

同じ映画なのに、吹き替えで全然違った面白さがある映画です。

秋の夜長には是非、交互に見ることをおすすめします!(どんだけ好きなんだ)